トップページ > 事業内容 > 環境エンジニアリング > アセスメント-環境アセスメント

アセスメント-環境アセスメント

環境アセスメント


 ■スコーピングに基づく調査、環境に及ぼす影響の予測・評価、環境保全措置から代替案に至る、目的に添った総合的技術の提供が可能です。
■環境アセスメントの目的
環境の保全について適切な配慮がなされ、健康で文化的な生活ができるように事業内容について多方面から検討すること。

*スコーピング
事業概要と実施しようとする影響評価の内容を公表し、それについて住民、専門家行政等第三者の意見を聞き、調査の方法や内容を絞り込む手続き。

森林と川の写真

■環境アセスメント制度の概要

  • 事業実施の前に、事前配慮を行い、事業区域、影響範囲について
    調査し(予測評価のため必要な現況を調査)
  • 予測し(事業の実施による環境の変化を予測)
  • 環境保全目標を設定し
  • 評価し(環境への影響を検討評価)
  • 市民の意見を参考とし、また理解を求めながら、事業内容について
    環境保全上、より望ましい方向を目指す環境保全措置やミチゲーションの方策を検討する。
(環境アセスメント法では代替案の提示等、ミティゲーションが位置づけられています)